大学生活

とことん悩むって成長するのに超重要なことなんだぜ!!

こんにちは、勇太です!!

今日は、「とことん悩むことは、成長するのに役立つんだよ」という話をしていきます。

 

人間だれしも、悩みを持って生きていると思うんですよ。

人間関係、お金のこと、勉強のこと、将来のことなど人によって悩んでいることは様々だと思います。

そんな時は、自分が納得するまで、とことん悩めばいいのです。

 

悩むなら、とことん悩んだ方がいい

僕自身、大学生の頃は、

「自分は、無事に卒業できるのだろうか?」

とか、

「ちゃんと、就職できるのだろうか?」

と、将来の自分のことを考えすぎていて、常に不安でいっぱいでした。

 

僕は、理系(化学系)の大学に通っていました。

1年生の頃は、「微分・積分」と「線形代数学」という数学の科目があったんですが、これがめちゃくちゃ苦手だったんですよ。

 

前期に「微分積分1」「線形代数学1」、後期に「微分積分2」「線形代数学2」を履修したのですが、「微分積分1」をギリギリ60点で合格した以外は、全て単位を落としてしまいました。

 

1年生の時点でこんなにも単位を落とすと先が思いやられます。

だから、「自分は無事に大学を卒業できるのか」と、めちゃくちゃ悩んだんですよ。

大学に通うのが苦痛すぎて、大学を1年休学したこともしました。

 

ただ、今にして思えばその悩む時間って、自分自身の成長のために必要なものだったと思うんです。

 

僕は大学に復学する時、

「どんなに辛いことがあっても、毎日大学に通い続ける」と心に誓いました。

復学した後は一つ下の学年になったので、周りに友達が一人もおらず、常に一人だったのでとても寂しかったですよ。

昼ごはんも、いつも一人で食べていました。

 

それでも毎日、絶対に休むことなく大学に通いました。

そうしたら、めちゃくちゃ成績が上がったんですよ。

今まではBとかCとかD判定が多かったのに、

自分を変えようと決意してからは、SやA判定がずらっと並ぶようになり

それを見た時は本当に感動しました。

 

もちろん、無事に大学を卒業することができましたよ。

 

悩んだことが、人の役に立つことも

ここまで、僕は「あまりにも勉強が出来なさ過ぎて、大学に通うことが辛かった」という話をしました。

これを読んでくれているあなたも、ひょっとしたら「卒業できなかったらどうしよう」、「留年したくないよ」と悩んでいるかもしれません。

 

そんなあなたに、一つだけアドバイスをします。

僕みたいに成績が悪かったとしても、

「大学に通い続けていた人」って、ちゃんと卒業できているんですよ。(休学期間は除く)

毎日大学に通っていた人で、留年した人って、少なくとも僕の知っている限りでは一人もいません。

逆に、さぼり癖があって大学に来ない人ほど、留年しています。

一度さぼり癖がついてしまうと、大学に通うのが億劫になって、そのまま留年していってしまうのだと思います。

 

だから、「大学を卒業したいのなら、何があっても通うことをやめないでほしい」のです。

 

これは、僕自身に「卒業できなかったらどうしよう」ということで悩んでいた過去があったからこそ、言えることなのです。

こんな風に、自分が悩んだことって、他人の役に立つこともあるんですね。

 

悩むことを途中で辞めたら、中途半端なことになる

逆に、「途中で悩むことをやめた結果、中途半端になった」時の話をします。

 

僕は中学生時代、卓球部に入っていたんですよ。

入部当初、部活がない日は、よく友達と一緒に近くの地区センターで卓球の練習をしていました。

それこそ、ラケットを握らない日はないっていうぐらい、毎日のように練習をしていました。

 

ところがです、友達はみんなめきめきと上達していくにも関わらず、僕だけは全然上達しなかったんですよ…

段々、友達に勝てなくなっていきました…

友達と同じぐらいの練習量をこなしていたにも関わらずです。

 

その時も、悩みました。

「どうやったら、友達に追いつけるのだろう?」と。

しかし、その当時の僕はまだまだ未熟だったので、途中で悩むことが馬鹿らしくなって、「あいつらには才能があって、自分にはなかっただけ」と開き直ってしまったんですよ。

今にして思えば、成長には個人差があるので、諦めずに頑張るべきだったと思うんですけどね。

 

それからは、友達に「地区センターで練習しよう」と言われても、断るようになってしまいました。

 

成長することから逃げてしまったのです

 

その結果、部活を引退する頃には(幽霊部員を除けば)、みんな賞状とか、メダルをもらっているのに、僕だけは「無冠」という何とも悲しい結末になってしまいました。

 

結局それは、「悩みに悩んで、成長することから逃げた結果」なんですよ。

人間本当は「悩むことで成長できる」のに、

僕は馬鹿馬鹿しくなって途中で逃げてしまった。

 

成長できる機会があったのに、自らその機会を手放してしまったのです。

だから、「もし悩みがあっても、とことん悩み抜み抜いて、成長の糧にしていくべき」だと思うのです。

 

【まとめ】悩む時は、とことん悩み抜く!!

人間、悩み抜くことで成長できるものなのです。

自分が納得できるまで悩み抜くというか、とにかく、中途半端に悩むのだけは、一番良くないです。

 

大学を卒業したら、「卒業できるか」と悩んでいたことがどうでもよくなるみたいに、

永久に悩み続けるなんてことはないですからね。

所詮一時の迷いなのです。

悩む時は真剣に悩んで、終わったらきれいさっぱり忘れましょう!!

 

というわけで今回は、「とことん悩むことは、成長するのに役立つんだよ」という話でした。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!!

 


こんにちは、勇太です。

僕は以前、辛いことから逃げてばかりで、そんな自分に絶望していたという経験があります。

しかし、今ではパソコンをいじらずとも月収30万円を稼げるようになり、人生の充実度が相当高くなりました!!

「どうして何もしなくてもお金を稼げるの?」「めちゃくちゃ怪しい」と思われるかもしれません。

実際、ネットビジネスを知る前の僕もそうでした(笑)

しかし、これは紛れもない事実です。

以前の僕は、

学校生活になじめず、惨めな思いをしていた

バイトでは、ミスしまくりで毎日のように怒られていた

面倒くさい人間関係に悩まされていた

という毎日を送っていました。

しかし、今ではネットビジネス一本で稼げるようになったので、

誰かに怒られることもない

面倒くさい人間関係もない

というような状態になり、本当にストレスフリーで生きていられます

今の僕は、以前の僕のように、

合わない環境から逃げ出したいけれど、それが出来ず苦しんでいる人

本当にやりたいことが出来ず、苦しんでいる人

面倒くさい人間関係から解放されたいと考えている人

に向けて、「ネットビジネスをすることでそんな煩わしい悩みが消えてなくなるよ」ということを伝えることができたらいいなと思って、このブログを運営しております。

自由に生きるためのラインメルマガはこちらから