大学生活

常識を壊さないと成功できない!?常識はとことん疑え!!

こんにちは、勇太です!!

今回は、「成功したいなら常識を疑え」という話をしていきます。

 

なぜ、成功するのに常識を疑わないといけないのでしょうか?

答えは、

常識にとらわれていると、思考パターンが固定化してしまうリスクがあるから」です。

思考パターンが固定化すると、大人数と同じ考え方しかできなくなります。

そうなると、抜け出すことは大変なんですよ。

「多数の集団から抜け出して成功するのは、ライバルが多すぎるから」です。

しかし、常識にとらわれなければ、簡単に集団から抜け出すことができ、しかもライバルが少ないので、成功する確率もうんと高くなります。

だから、「成功したいのなら常識人間になってはいけない」のです。

常識は正しいのか?

そもそも常識とは何なのでしょうか?

例えば、

・出社した時に「おはようございます」、帰宅する時に「お先に失礼します」「お疲れさまでした」と言う。

・深夜に電話をかけるのは非常識。

・人を殺してはいけない。

・春が過ぎたら夏が来る。そして秋になって、冬が来て、また春になる。

などは全て常識とされていることです。

 

では、この4つは、全て正しいと思いますか?

一見すると、全て正しいように思われます。

 

最低限のあいさつができない人は、人として終わっていますし、

夜中に電話をかけてくるような人とは、仲良くしたくないですよね。

そして、どんな事情があろうと、人を殺すことはやってはいけないことですし、

春→夏→秋→冬→春→・・・のサイクルを繰り返すのは、誰もが知っていることです。

 

ただですよ、この時「日本」ではなく「海外」に目を向けるとどうなるでしょう?

実は、世界の国の中で「明確な四季がある国って、非常に少ない」んですよ。

例えば、赤道直下の国は年中高温多湿ですし、北極や南極周辺の極地は、常に寒いですよね。

だから、海外の人から見たら、四季があることの方が驚きなのです。

 

「四季がある」というのは、日本に住んでいれば常識ですね。

しかし、視点を変えて、世界から見ればそれは常識ではなくなります。

つまり、自分が常識だと思っていることも、「視点を変えれば常識ではなくなる」ということは、よくあることなのです

常識ではなく、自分基準で決めるべし

さて、ここまで「常識が必ずしも正しいとは限らない」という話をしてきました。

 

例えば大学生の常識として、「大学3,4年生になったら、就活をする」というものがあります。

この常識自体は全然間違っていないですし、むしろ「就活しない人の方がおかしい」という風潮ですよね。

しかし、僕から言わせてみれば、「必ずしも就職(就活)する必要はない」んですよ。

例えば、学生中に起業をして月に何十、何百万と稼いでいる人もいますし、

人によっては「会社に縛られることなく自由に生きていきたい」という人もいるでしょう。

結局のところ、「就職するのが正解かどうかは、その人次第」ということです。

 

もちろんこれは、「就活なんてしないで起業しろ」と言っている訳ではありませんし、会社員を否定している訳でもありません。

ただ、「就活することが自分にとってベストな選択なのか?」ということは考えてほしいんですよ。

これこそが、「常識を疑う」ということです。

 

しかし、「何でもかんでも常識を疑う」ということはやってはいけないです。

極端な例で言えば、

「信号の赤は止まれ」という常識を否定したら、大事故になりますし、

「ゴミはポイ捨てして良い」と考えたら、町中がゴミであふれかえります。

 

つまり「従うべき常識」と「疑っていい常識がある」ということです。

この二つをうまく見極めないと「非常識なヤツ」というレッテルを貼られてしまいますからね。

注意しましょう。

疑っていい常識とは?

では、「従うべき常識」と「疑っていい常識」は何が違うのでしょうか?

 

僕が思う「疑っていい常識」とは、「自分にしか通用していない常識」です。

例えば僕は、小学生のころ、「日本はなんでもやりたいことができる自由な国だ」と思っていました。

美味しいものもいっぱいあるし、治安だってとてもいいじゃないですか?

とにかく、小さい頃の僕は「日本人は自由に暮らせる」と思っていたんです。

しかし、高校生、大学生と成長していくにつれて、「日本人は社会人になって就職すると、働いてばかりで、自由な時間をろくに持てなくなる」ということが分かったんですよ。

そして、「想像の日本」と「現実の日本」にギャップがあると知った時、

「必ずしも、就職することが正しいとは言い切れないんじゃないか?」という、「新たな常識」が芽生えたんですよ。

 

つまり僕の場合、「日本はやりたいことが何でもできる自由な国だ」という常識が通用しないものだと分かった時に、新たな常識が生まれるきっかけになったのです。

なので、「常識が自分にしか通用していない」と分かったら、その常識はとことん疑ってかかるべきですよ。

 

ちなみに日本はムラ社会的な考え方が未だに強く、常識から抜け出せない人が多いです。

「周りの人と同じこと」を無意識のうちにやっているのですよ。

だから、いち早く常識を脱して周りと違うことをやれば、それだけであなたは希少な存在になります。

自分の価値をあげたいのなら、周りと違うことをするのは一つの手ですよ。

まとめ

日本人は常識を無条件に信じやすいですが、その常識が真実とは限りません。

だから、「常識を疑う」という考え方が大切です。

しかし、世の中の常識全てを疑っていたら、きりがありません。

そこで、「従うべき常識」と「疑っていい常識」の二つに分けて考える必要があります。

もしも、自分の中の常識が、少しでも周りとずれていると感じたのならば、それは「疑っていい常識」になります。

今回は、「正しいものは正しい、怪しいものは怪しい」と思えるようになりましょう!!

という話でした。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!!

 


こんにちは、勇太です。

僕は以前、辛いことから逃げてばかりで、そんな自分に絶望していたという経験があります。

しかし、今ではパソコンをいじらずとも月収30万円を稼げるようになり、人生の充実度が相当高くなりました!!

「どうして何もしなくてもお金を稼げるの?」「めちゃくちゃ怪しい」と思われるかもしれません。

実際、ネットビジネスを知る前の僕もそうでした(笑)

しかし、これは紛れもない事実です。

以前の僕は、

学校生活になじめず、惨めな思いをしていた

バイトでは、ミスしまくりで毎日のように怒られていた

面倒くさい人間関係に悩まされていた

という毎日を送っていました。

しかし、今ではネットビジネス一本で稼げるようになったので、

誰かに怒られることもない

面倒くさい人間関係もない

というような状態になり、本当にストレスフリーで生きていられます

今の僕は、以前の僕のように、

合わない環境から逃げ出したいけれど、それが出来ず苦しんでいる人

本当にやりたいことが出来ず、苦しんでいる人

面倒くさい人間関係から解放されたいと考えている人

に向けて、「ネットビジネスをすることでそんな煩わしい悩みが消えてなくなるよ」ということを伝えることができたらいいなと思って、このブログを運営しております。

自由に生きるためのラインメルマガはこちらから